創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

新型出生前診断

2016年9月29日

東京科学環境部編集委員の川内 敏康氏によると

 

妊娠した女性の血液から、お腹の中にいる胎児がダウン症などかどうかを調べる

「新型出生前診断」を受診する妊婦が急増しているということです。

 

 

全国の71の病院で行われており、

1018年4月の診断開始から3年間で受診した妊婦は3万人を越えました。

 

IMG_0962白い香りそう

 

 

検査は少しの血液を採取することで受けられ、

妊娠10週目から検査可能です。

 

%e6%95%99%e4%bc%9a%e7%99%bd%e3%81%84%e4%b8%80%e9%87%8d%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%a9

 

 

検査対象は

①ダウン症(23対ある染色体のうち、21番目の染色体の数が1本多い)

②重い知的障害や奇形などを伴う13トリソミー

③重度の心疾患を伴う18トリソミー

以上の3種類です。

 

 

検査を受けられるのは

〇超音波検査で染色体異常の可能性がある

〇過去に染色体異常の胎児を妊娠した経験を持つ

〇出産時の年齢が35歳以上である

以上の場合に限られます。

 

 

ほんのりピンクの夏花

 

 

新型出生前診断ではダウン症などの染色体異常がないのに

「異常あり」と診断される人が出ます。

 

「確定診断」には胎児のいる子宮から「羊水」を採取して調べる必要があります。

 

 

「新型出生前診断」を受けた3万人のうち

「染色体異常」が疑われたのは547人で

その後の「羊水検査」で異常が確定したのは417人でした。

その内の94%の384人が人工中絶を選んでいます。

 

 

植木鉢のピンクの花

 

 

高齢出産になるほど、

染色体異常のリスクは高くなります。

 

 

高齢で出産する人が増えている中

新型出生前診断は出産時の不安解消に役立つとみられます。

 

また、両親に心の準備や治療への備えができると言われています。

 

 

一方、命の選別につながることが危惧されています。

 

 

教会の黄色バラ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

blogbana04.jpgblogbana04.jpg

yorokobi03.jpgyorokobi03.jpg

ショウキT-1(動画案内)