創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

超音波検査でわかる事とわからない事

2017年9月2日

 

 

排卵の有無や、排卵のタイミングは

超音波検査でわかります。

 

 

 

自然周期では、片方の卵巣に1個の卵胞が発育して

直径が21ミリ前後になると破裂し

排卵が起きます。

 

破裂した卵胞は黄体(おうたい)へ変わりますが、

卵胞の発育、破裂、黄体へ変化していく過程が

超音波検査で観れます。

 

 

 

 

このように超音波では卵胞の存在は観れますが

卵子は確認することができません。

 

採卵前の超音波検査で卵胞が観えていても

卵子が無いということがあり、

これを空胞といいます。

 

 

ブドウに例えると

可食部が顆粒膜細胞で

種が卵子です。

 

 

ホルモン剤を使っても

空胞となることがあります。

 

卵子の成長は農業に似ています。

 

良い野菜(卵子)ができるには

肥沃な土(子宮環境)が大事です。

 

土つくり(子宮環境を良くすること)は

漢方が得意な所です。

コメント