創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

空胞の原因①

2017年9月7日

 

 

 

体外受精をする場合

卵巣から卵子を体外に取り出し採卵しますが

卵子がない空胞のことがあります。

 

その原因の1つは「残留卵胞」によるものです。

 

 

 

卵胞は生理が始まると成長します。

 

 

「主席卵胞」と呼ばれる1番大きく育った卵胞が作られると

残りの卵胞は成長が止まり消えます。

 

しかし、中には卵巣内に残ってしまう物があります。

 

これを遺残卵胞と言います。

 

 

身体の「冷え」は遺残卵胞ができ易いです。

 

これがあると、

身体の中に卵子があるというメッセージになってしまいます。

 

 

冷えは身体を冷やしたり

冷やす食べ物を食べるということもありますが

ストレスで交感神経が緊張していると

血管を収縮させるので「冷え」の状態になってしまいます。

 

身体を冷やさないようにしたり

冷やす食べ物を控えることは大事ですし、

自分でできることですね。

 

ストレスからの交感神経の緊張を止めるということは

努力ではなかなか難しいです(-_-;)

 

 

 

 

漢方薬で交感神経の緊張を和らげるものがあるので

使うといいですよ(^^)/

 

緊張している人にはこの漢方というものではありません。

 

よく相談されて

体力や体質、身体の状態に合った漢方を選ぶことをお勧めします。

 

コメント