創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

ホルモンの感受性①

2017年9月14日

 

 

 

ホルモン剤を使っても

値が上がらないことがあります。

 

なぜでしょうか?

 

 

原因の一つは

細胞にホルモンを受け取るレセプターの数が少なく感受性が低いことです。

 

 

 

ホルモンがあっても細胞の受容体の数が少なく感受性が低いと

働くことができません。

 

ホルモン受容体の数が増え、感受性が上がると

ホルモンが働くことができます。

 

 

 

 

現代人はホルモン受容体をつくる栄養の不足で

約40%、ホルモン受容体の数が減っているそうです。

 

現代人がなかなか妊娠できない大きな原因の1つです。

 

 

 

ショウキT-1にはホルモン受容体の数や感受性を増やす

貴重な栄養が入っています。

 

ショウキT-1(タンポポ茶)はホルモン受容体を増やす為の

優れた栄養剤でもあります。

 

 

 

 

コメント