創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

初期胚(しょきはい)の移植

2017年10月5日

 

 

 

 

 

受精卵を移植したお客様から

「『今回、初期胚(しょきはい)を移植しましたよ』と医者に言われましたが

どういうことですか?」

と質問を頂きました。

 

 

 

初期胚(しょきはい)は受精卵を2~3日培養したもので

胚盤胞(はいばんほう)は受精卵を5日位培養したものです。

 

胚盤胞の方が細胞分裂の状態を見届けられるので

“着床の可能性を判定し易い”ということがあります。

 

 

 

しかし、「年齢が高い場合、初期胚で移植した方が妊娠率が高かった」

ということが発表されています。

(英ウィミンズクリニック)

 

 

 

体外受精の受精卵は

体外で細胞分裂する際に培養液などを細心に工夫されるのですが

それでも体内の方が環境的に優れている可能性が高いということです。

 

 

 

だからこそ養生、漢方や漢方サプリで

より良い母体環境をつくることは大切ですね。

 

 

コメント

blogbana04.jpgblogbana04.jpg

yorokobi03.jpgyorokobi03.jpg

ショウキT-1(動画案内)