創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

不妊の原因の30%は糖鎖異常

2017年10月13日

 

 

 

 

糖鎖(とうさ)とは

単糖類が複雑な組み合わせで鎖状につながった物質のことです。

 

糖鎖は細胞の表面に「うぶ毛のように生えている」と言えます。

 

 

数としては約10万

「果物のキウィの表面の産毛」を連想すると分かり易いです。

 

 

 

 

働きは「情報伝達」です。

 

 

 

卵子と精子も例外ではありません。

 

卵子の糖鎖には「私は卵子よ!」と

精子に教える暗号コードが組み込まれています。

 

精子の糖鎖には「卵子を見分けて進入しよう!」という

暗号コードが組み込まれています。

 

 

 

卵子と精子の糖鎖どうしがコミュニケーションをとり

受精が成り立ちます。

 

 

 

不妊の原因は様々ありますが、

糖鎖が正常に働かない状態では

卵子と精子が正しく認識しあわないために

受精が行われ難いです。

 

 

不妊の原因の30~40%は糖鎖異常といわれるほど

糖鎖は重要な役割を果たしています。

 

糖鎖栄養素が不足した場合

女性では卵子の受精能力が低下

男性では精子が奇形になる率が高まる

ということも明らかになってきました。

 

 

「顕微授精するから大丈夫」とはなりません。

 

受精だけでなく

糖鎖は受精卵の分裂と

胎児の成長にも大きく関わるからです。

 

 

 

現代人は精製された穀物を食べ

ストレスや食品環境の悪化などが重なり

糖鎖栄養は慢性不足の状態です。

 

 

本来10万個あるべき糖鎖の数が

現代人は3万~4万個に減っているということです。

 

 

糖鎖栄養を意識して積極的に摂ることが必要です。

 

 

ショウキT-1(たんぽぽ茶)には糖鎖栄養とともに

毛細血管の拡張作用もありますので

妊活に最適な食べ物といえます。

 

 

コメント