創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

母子感染について ③周期感染(母乳など)

2017年12月5日

 

 

 

 

 

母子感染は

胎盤を介する感染、産道での感染、周産期感染(母乳など)のケースがあります。

 

 

③では周産期感染(母乳など)を載せたいと思います。

 

 

母乳感染を含む周産期感染には

HIV、HTLV-!、CMVがあります。

 

 

 

≪HIV感染について≫

母親がHIVに感染している場合

抗HIV薬で母体のウイルス量を減らし、

予定帝王切開を行い、

母乳のリンパ球を殺してから飲ませる

あるいは、母乳は飲ませないことで

赤ちゃんへの感染を98%防ぐことができます。

 

男性がHIV感染者である場合は

精子をリンパ球から分離し

人工授精で感染なく妊娠が可能です。

 

 

 

≪HLV-1について≫

HLV-1は主に母乳から感染します。

感染すると50歳以降に1500人に1人の割合で

成人T細胞白血病を発症します。

 

以上

 

 

コメント