創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

性感染症と妊孕性

2017年12月13日

 

 

 

 

性感染症とはクラミジアや淋菌、性器ヘルペスなど

性的接触により罹患する感染症です。

 

 

 

 

クラミジアや淋菌は

膣、子宮(子宮内膜)、卵管、腹膜へ感染が広がります。

 

炎症で卵管の通過障害や閉鎖が起こると

不妊や子宮外妊娠を起こします。

 

卵管の炎症が強いと痛みが出るので、治療につながりますが

クラミジアや淋菌は軽い炎症のことが多く

痛みを感じられず、長い間炎症が続くという傾向があります。

 

 

 

 

女性がクラミジアに感染すると

症状の有無にかかわらず10%が不妊になります。

 

感染女性の70%は無症状で

治療を行わないと約2年間、感染が続きます。

 

 

 

男性がクラミジアに感染した場合、

大半は無症状です。

 

アジスロマイシン(ジスロマック)1g、単回投与で簡単に除菌できます。

 

パートナー一緒に早く除菌しておきましょう。

 

 

 

 

 

性器ヘルペスは少なくても2回の再発で

再発抑制療法の対象になります。

 

再発患者の約15%は年間6回以上、再発します。

 

自分が性器ヘルペスだということをほとんど気が着かないことが

問題です。

 

治療法はバルトレックスを1日1錠、一年間飲むことです。

 

 

 

 

淋菌性尿道炎について

男性が感染すると3日から1週間で膿が出ます。

 

多くは女性から感染します。

 

 

 

トリコモナスは男性では尿道炎症を起こしますが

無症状であることが多いです。

 

コメント