創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

胎児に影響のある感染症について

2017年12月14日

 

 

 

 

胎児に影響のある感染症の代表は

梅毒と尖圭コンジローマです。

 

 

梅毒について

現在、梅毒の感染が増えているということです。

 

潰瘍は痛みも痒みもなく、リンパ節腫脹にも痛みはありませんが

リンパまで感染が進むと全身に広がります。

 

赤ちゃんに感染すると

成長してから歯のM状欠損や鞍鼻などの症状が出ることがあります。

 

 

 

 

 

尖圭コンジローマについて

尖圭コンジローマの90%以上はHPVⅥ型またはⅡ型が原因です。

 

妊婦が尖圭コンジローマに感染していると母子感染し

出生時の若年性再発性呼吸器乳頭腫(JORRP)発症リスクは約230倍上昇します。

 

治療法はイミキモドクリームを塗布します。

他に凍結療法、外科切除があります。

 

 

 

 

 

 

 

その他、

妊娠した時に発見され「子供か癌の治療か」という選択を迫られないためにも

妊娠する準備として子宮がん健診を受けておくことが大切です。

 

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがあります。

 

 

子宮頸がんの原因は高リスクHPV16と18の感染です。

以前は30代から40代が発症のピークでしたが

最近は20代でも罹患が出てきています。

 

 

 

子宮体がんは自覚症状として不正性器出血があります。

閉経を迎える50代にピークがあり

女性ホルモンのエストロゲンの影響が大きいと言われています。

 

 

 

 

コメント

blogbana04.jpgblogbana04.jpg

yorokobi03.jpgyorokobi03.jpg

ショウキT-1(動画案内)