創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

受精率と着床率を上げる為に③

2018年1月9日

 

 

 

~自然妊娠の場合~

 

 

射精された精子は卵子が待つ卵管めがけて一気に移動します。

 

卵管は2本あります。

 

射精された卵子が“等分”に左右の卵管に進むと

受精に対してロスが出ます。

 

しかし近年の研究によると

射精された精子はだいたい

「卵子の待つ卵管:卵子のいない卵管=9:1」

に分かれるということです。

 

これは排卵され卵管膨大部で待っている卵子が

「自分の位置」を知らせる為に

子宮や膣に向けて特定の「糖鎖(とうさ)」を放出しているからです。

 

 

 

 

また、卵子と精子が卵管膨大部で出会う時

卵子の周りにびっしり付着している「綿毛」のような「糖鎖」を使い

精子の頭に付いている「糖鎖」と電気信号のやり取りを行います。

 

「糖鎖」同士で確認ができてから

卵子は精子を迎え入れます。

 

 

 

 

 

このように自然妊娠での受精に「糖鎖」は大きな働きをしています。

 

 

 

~生殖補助医療の場合~

 

生殖補助医療では受精から移植までは行えますが

「着床」は受精卵が自力で行わなければなりません。

 

 

 

着床には受精卵と子宮内膜との間で

糖鎖による情報交換が行われないと成立しません。

 

このように重要な糖鎖ですが

現代人は糖鎖が40%位不足しています。

 

糖鎖つくる糖鎖栄養を摂れていないからです。

 

ですから受精率と着床率を上げる為に

糖鎖栄養の補給は欠かせないポイントです。

 

 

ショウキT-1(タンポポ茶)で糖鎖栄養が確実に摂れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント