創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

不妊症に対する松康泉の研究③

2018年5月14日

 

 

「松康泉」は不育症の女性や自己抗体が高い方に多く飲まれている

松節が原料の漢方サプリです。

 

 (松節)

 

 

 

 

ところで、妊娠中にプロスタグランジンE2(PGE2)の分泌が高くなると

早産、流産の原因になるといわれています。

 

PGE2の誘導体(ジノプロストン)は陣痛促進剤として使われることからも

PGE2が多くなると妊娠継続に不利なことが予想されます。

 

 

プロスタグランジンE2(PGE2)とは

生理活性物質であるプロスタグランジンの一種です。

 

PGE2はPGE受容体を介して活性化されることで

組織破壊を起こし炎症を引き起こし

様々な免疫異常を起こします。

 

自己免疫抗体の診断基準である

抗カルジオピリン抗体(ACA)が高い場合

PGE2が高くなることがわかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

『松康泉にPGE2の産生を防ぐ効果があるかどうか?』

を検証した文献がありますので

ブログにアップさせて頂きますね(^^)/

 

(方法)

抗カルジオピリン抗体(ACA)が高く

3回以上流産経験がある女性が松康泉を服用し

妊娠前と出産後のPGE2値を調べました。

 

 

 

(結果)

松康泉の服用によって妊娠した15名全てにおいて

PGE2値の低下が確認されました。

(平均服用期間20.8カ月)

 

 

この結果、松康泉には

PGE2の産生抑制作用があることがわかりました。

 

(考察)

「松康泉」は不育症の方、関節リウマチなど自己抗体が高い方に飲まれてきましたが

PGE2の産生抑制による働きによるものだ

ということが分かりました。

 

PGE2の産生抑制による流産または早産の予防として

「松康泉」は期待できます。

 

 

 

※PGE2の産生抑制による流産、早産予防を期待できますが

PGE2産生による子宮収縮作用は

出産時には必要ですので

「松康泉」の服用は出産予定日までとします。

 

 

~以上 徳潤 エブデンス より抜粋 ~

 

 

 

 

 

 

コメント