創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

ショウキ・ワタナベオイスター 原因不明不妊と慢性子宮内膜炎

2018年5月24日

 

 

 

 

 

 

何度も流産を繰り返したり(習慣性流産)

体外受精治療で何度も良性胚を移植しても妊娠しなかったり(反復着床不全)

することがあります。

 

今までわからなかった不妊の原因の1つとして

最近、『慢性子宮内膜炎』が注目されています。

 

 

『慢性子宮内膜炎』は

子宮内膜に免疫学的異常が長期間にわたり起きている状態です。

 

どんな免疫学的異常かというと

『形質細胞(血液細胞の一種(Bリンパ球)から分化したした細胞)』

の浸潤を伴う慢性の炎症の状態です。

 

 

不正性器出血や骨盤痛、性交痛、おりものの変化などを伴わないので

いつ、どうやって発症したかは分かりにくいです。

 

 

『慢性子宮内膜炎』に罹っている女性の割合は

一般的な女性では0.8~19%ですが

不妊女性においては30~35%

習慣性流産や反復着床不全の女性では

それぞれ30~66%という報告があります。

 

 

 

 

主な原因の一つに子宮内膜の細菌感染が考えられています。

 

チョコレート嚢腫や内膜ポリープなどがあると

「形質細胞」の出現が見られることも報告されています。

 

 

(診断方法)

「形質細胞」のマーカーであるCD138の免疫染色をもとに

子宮鏡で子宮内の浮腫や肥厚、発赤、マイクロポリープを観察したり

子宮内膜の細菌を培養したりして、診断されます。

 

 

(治療)

細菌の存在があった場合は抗菌剤が処方されます。

 

 

しかし、慢性子宮内膜炎の病態、原因、治療法は

まだ未解明な部分が多いです。

 

~以上 健康PLUS 2018 Vol.31 より抜粋 ~

 

 

「慢性子宮内膜炎」が

今までわからなかった不妊の原因の一つとして

解明されたことは医学の進歩ですね。

 

 

『慢性子宮内膜炎』は

決して稀なケースではないですね。

 

 

でもまだ、原因、病態、治療法など

はっきりとはしていないようです。

 

 

しかし、子宮内膜を含め、全身が健康になれば

慢性炎症は治っていくものでしょう(^^)/

 

 

原因不明不妊と診断された方が

漢方やショウキT-1、松康泉、カタライザー、ワタナベオイスターを使用して

妊娠された時

『「慢性子宮内膜炎」が治っていた』

ということもあるのかもしれませんね。

 

 

コメント