創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

湿邪の舌診・ショウキ(タンポポ茶)松康泉

2018年6月2日

 

 

 

日本の不妊の女性は身体が冷えがちですが

温めるだけでは冷えはとれ難いです。

 

 

日本は周りが海で湿気が多いですし

世界中から美味しいものが集まっていて

食べ過ぎると痰湿・内湿など湿邪が生まれやすいからです。

 

身体の中の水湿という湿邪が冷えの原因としてあります。

 

 

 

 

このような時の代表的な舌診として

胖大舌(はんだいぜつ)歯痕舌(しこんぜつ)膩舌(じたい)があります。

 

 

 

胖大舌は太い正常より大きい舌です。

 

 

歯痕舌とは歯の跡がついている舌です。

 

膩舌とは舌面が卵の白身のようなものに覆われていて 

粘りが強く落ちにくい苔です。

 

 

正常舌はこんな感じです。

参考にしてくださいね。

 

 

 

 

身体に滞っている湿は子宮筋腫は子宮内膜症などの

原因にもなります。

 

このような場合、単純に身体を温めても効果は薄く

身体に滞った不良の水を体外に出して経絡をそうじすると

冷えがとれてきます。

 

 

 

良い食べ物の代表はダイコンです。

 

ダイコンは解毒して湿気の出口となり

便通もよくします。

 

 

運動で汗をかき、利湿作用のあるショウキT-1(タンポポ茶)や

温めながら湿気をとるシベリア松節の松康泉を飲み

よく休むことも大切です。

 

温灸で経絡を刺激するのもよい方法です。

 

 

 

~子宝カウンセラー会報より抜粋~

コメント