創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

ワタナベオイスター 口内炎への効果

2018年7月12日

 

 

 

 

「アフタ性口内炎」は口の粘膜に「アフタ」と呼ばれる浅い潰瘍ができる

炎症性の疾患です。

 

 

最近は、抗がん剤を飲んだ副作用での口内炎の相談や

子供の口内炎の相談が増えています。

 

 

 

 

 

 

口内炎ができると、食べたり、飲んだりすることが、難しくなり

身体の衰弱にもつながるので

早く治しておきたいですね。

 

 

 

口内炎の治療は

抗菌剤や抗炎症剤、ステロイドなどの対症療法が中心です。

 

口内炎に対しては亜鉛剤(硫酸亜鉛)が有効ですが

亜鉛剤は多かれ少なかれ、胃腸に負担がかかりがちです。

 

口内炎になる素因として抗がん剤など「薬物」の他

栄養不良、免疫異常、食物過敏症、精神的ストレス、性ホルモンの減少(女性のみ)

口腔内環境の劣化(粘膜損傷、喫煙、感染)があります。

 

「口の中を噛んでしまったら口内炎になった」

という経験がある方は多いですね。

 

 

 

栄養に関しては、ビタミンB群、葉酸、鉄、亜鉛の欠乏ですが

食べていても、胃腸の調子が悪く

栄養を吸収できない方もいらっしゃるようです。

 

 

 

ワタナベオイスターはこれらの栄養が豊富で

口内炎に効果的です。

 

亜鉛剤(硫酸亜鉛)は胃腸への負担が心配ですが

牡蠣肉の抽出物からつくってあるワタナベオイスターは

胃腸への負担などの心配がないので

飲み易い利点があります。

 

特に胃腸が弱っている方には

オイスターゼリーがお勧めです。

 

 

 

『 ワタナベオイスターは口内炎に対して本当に効果があるか?』

という実験があります。

 

 

~ワタナベオイスターの口内炎に対する効果実験~

 

歯科病院の外来に口内炎治療でいらした

20歳~65歳までの男女10人に

ワタナベオイスター錠剤を1日12錠を飲んで頂きました。

 

今までの口内炎が治るまでに要する期間に比べて

ワタナベオイスターを飲んで治った期間は

平均で4日短縮されました。

 

 

 

 

また、口の中のカンジダ菌について

オイスターを飲む前は3人検出されましたが

オイスターを飲んで7日目では

カンジダ菌が検出されたのは1人でした。

 

 

口の中の環境も良くなったことがわかりました。

 

 

 

 

 

 

コメント