創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

ワタナベオイスター 妊娠貧血への効果

2018年7月13日

 

 

 

 

妊娠中の貧血は赤ちゃんの為にも、ママの為にも

ぜひ治しておきたいですね!

 

妊娠中の貧血は「亜鉛欠乏性貧血」が多いので

オイスターはとてもいいです。

 

その理由をアップしてみたいと思います(^^)/

 

 

 

 

 

 

貧血というと

「鉄分」が不足して起きる「鉄欠乏性貧血」が有名ですが

貧血の半分は「鉄と亜鉛」が不足して起こる「亜鉛欠乏性貧血」です。

 

 

女性6200名の内、11%が貧血で

貧血の方の48%の方は「鉄」を補給しただけでは改善せず

「鉄と亜鉛」の両方を補給した時、改善したという学術調査があります。

 

 

この調査から、貧血の方の半分は「亜鉛と鉄」が不足している

「亜鉛欠乏性貧血」だったということがわかりました。(Jounal of the American College of Nutrition 1998)

 

 

 

『亜鉛が不足すると、どうして貧血になるか?』というと

赤血球膜は、主にタンパク質でできていますが

亜鉛が不足するとタンパク合成がうまくできず

赤血球膜がもろくて弱くなります。

 

細い毛細血管を通る時、

赤血球膜がもろいと、破裂してしまうからです。

 

 

 

 

 

妊婦さんは赤ちゃんの成長の為に

自分を犠牲にしても亜鉛、鉄、銅など与えてしまいます。

 

 

 

特に「亜鉛」は普通の食事では摂り難いミネラルですが

赤ちゃんが成長するのに沢山必要です。

 

「妊娠していない時の血中亜鉛濃度に対して

妊娠後期の血中亜鉛濃度は三分の一」(-_-;)

という調査結果があります。 (Biomed.Res.Trace Elements 1998,日本臨床栄養学会誌2000)

 

 

 

 

~妊娠中の貧血に対しての調査・・・妊婦さんには「亜鉛欠乏性貧血」が多い~

 

妊娠中の貧血検査で、ヘモグロビン値が11.0g/dl未満の妊婦さん36名に対して

 

「亜鉛」だけを投与して治療をした妊婦さんは、

血清鉄が低下し貧血が改善しませんでした。

 

「鉄」のみを投与して治療を行った妊婦さんは

血清亜鉛濃度が低下して

貧血は改善しませんでした。

 

「亜鉛と鉄」両方を投与した妊婦さんだけが

ヘモグロビン濃度が上昇し、貧血が改善しました。  (Biomed.Reds.Trace Elements  1998)

 

 

≪ヘモグロビンとは?≫

ヘモグロビンとは赤血球の中にある血色素のことです。

貧血では、ヘモグロビン値は低下します。

 

基準値は女性では11.4~14.6です。

 

 

 

 

妊娠時は「亜鉛欠乏性貧血」が多く

亜鉛欠乏性貧血には「鉄と亜鉛」の両方の補給が必要です。

 

「鉄」だけ積極的に補給すると、「亜鉛」を追い出してしまうので

「鉄と亜鉛」を同時にバランスよく摂ることが大切です。

 

 

栄養は食べ物から摂るのが一番ですが、

バランスよく摂るといっても難しいですね(-_-;)

 

大丈夫!

 

ワタナベオイスターは亜鉛と鉄がバランスよく補給できます(^^)/

 

また、牡蠣から抽出したミネラル栄養なので

吸収がいいです。

 

胃腸への負担がないのも嬉しいですね(^^♪

 

妊婦さんの貧血の予防と対策に

ワタナベオイスターはとてもいいです。

 

 

妊娠中は赤ちゃんの分と自分の分の栄養が必要なので

オイスターは多めに飲みたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント