創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

妊娠・妊活中の風疹とショウキt-1(タンポポ茶)

2018年11月9日

 

 

 

 

最近、ウイルス関連で大きな話題になったのは風疹の流行ですが

妊活中や妊娠中は特に注意ですね。

 

ショウキt-1(タンポポ茶)に入っているタンポポエキスは

抗ウイルス作用がある食材です。

 

 

風疹の初期症状は風邪に似ていますので

「風邪かな?」と思ったら

ショウキT-1(タンポポ茶)を温かくして多めに飲みましょう。

妊娠中も安全なので、安心して飲めます。

 

 

 

2018年の風疹患者は、2013年、2014年に次いで3番目に多く

2017年1年間の16倍の発症が報告されています。

 

地域的には東京が一番多く、次いで千葉、神奈川の順です。

 

患者の96%が成人で、男性は女性の5倍、

男性は30代~40代が多いということです。

 

 

妊娠初期の妊婦さんが風疹に罹ると

先天性風疹症候群( CRS ) になるおそれがあります。

 

症状として、赤ちゃんの耳が聞こえにくい、目が見えにくい

生まれつき心臓に病気があるなどです。

 

妊婦さんはパートナーからの感染が多いことが示唆されています。

 

CRSのリスクを減らすためには

御主人や同居家族も予防接種を受けて

風疹を発症しないように努めることが望まれます。

 

 

妊娠後は予防接種ができず、

予防接種2ヶ月は避妊が必要です。

 

風疹の流行は春が多いのですが

今年は8月からの流行になり、まだ終息していません。

 

 

人混みは感染のリスクが増しますので

妊婦さんは可能な限り人混みを避け、不要の外出を控えたいです。

 

 

 

風疹に医療関係者は積極的にワクチンを呼びかけていますが

それだけでは充分でないという現実もあります。

 

 

抗体をもっている筈なのにうまく働いていない理由として

免疫力が下がっていて身体を守れなくなっていることや

ウイルスの変異が考えられています。

 

 

妊娠中にウイルス量を少なくしておけば

赤ちゃんに移る可能性はそれだけ低くなります。

 

ショウキt-1(タンポポ茶)を上手に活用しましょう。

 

 

 

コメント