創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

妊娠と歯の健康②妊娠性歯周炎(歯周病)と親知らずの炎症

2019年3月11日

 

 

 

 

 

 

妊娠と直接関係があるのは「妊娠性歯肉炎」ですが

実際には妊娠前から「歯肉炎」になっていることが多いです。

 

 

妊娠後はより悪化させた「妊娠性歯周炎」「妊娠性歯周病」

になる方が少なくありません。

 

 

 

「歯周病」はポリフィロモナスジンジバリスなど複数の細菌に

感染した細菌感染症です。

 

エストロゲンやプロゲステロンなど女性ホルモンには

歯肉病原細菌の増殖を助長する働きがあります。

 

また、妊娠中これらの細菌抗原に対する抵抗力が低下します。

 

 

その為、妊娠前に歯周病になっていると悪化し易いのです。

 

 

また親知らずの炎症(智歯周囲炎)も妊婦さんに多いです。

 

これは親知らずが斜めに生えてきて

少しだけ歯の頭を歯肉に出している場合に起こります。

 

 

 

妊娠初期には歯科医院を受診して

適切な治療を受けましょう。

 

 

妊娠安定期には多少の外科処置はできますが

思春期を過ぎたら

歯は早めに治療しておきたいものです。

 

 

健康プラス Vol21 より

コメント