創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

妊娠と歯の健康④妊娠歯周病と早産・低体重児出産

2019年3月13日

 

 

 

 

母体の口腔環境は早産や低体重児出産など

胎児にも影響を及ぼします。

 

 

 

妊婦の体内では血中サイトカインが高まると

子宮筋を収縮するスイッチが入ります。

 

 

 

妊婦が歯周病の場合、口腔内の歯周病原細菌が増加し

正期の出産時期の前に、血中サイトカイン濃度が高まってしまいます。

 

 

すると子宮筋の収縮を促してしまい

早期出産や低体重児の出産の原因になります。

 

 

 

お母さんの歯の健康は赤ちゃんを守ります。

 

 

 

 

 

 

妊婦さんの30~60%が

妊娠性歯肉炎を発症しているそうです。

 

 

 

母子手帳には母親の歯科検診記載欄が載っていますので

妊娠初期には歯科医院を受診しておきましょう。

 

健康プラスVol.21より

 

 

 

コメント

blogbana04.jpgblogbana04.jpg

yorokobi03.jpgyorokobi03.jpg

ショウキT-1(動画案内)