創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

たんぽぽT-1はなぜ甲状腺のホルモン異常に使われるのですか?

2019年3月20日

 

 

 

 

 

いくつもの病院を回っても治らない原因不明の病気。

 

「甲状腺ホルモンの異常が原因だった」

ということがあります。

 

症状としては

体重の増減、動悸、息切れ、めまい、耳鳴り、不眠などです。

 

代表的な甲状腺疾患はバセドウ病と橋本病です。

 

バセドウ病は患者の約8割が女性で

20代~40代に多いです。

 

橋本病は40代~50代の女性に多いです。

 

甲状腺ホルモン量は正常で自覚症状が全くないために

気づかないまま進行している人も多いようです。

 

甲状腺疾患は女性に多い病気ですので

不調の時は血液検査を受けて早めに対処しましょう。

 

 

■甲状腺ホルモン異常の病気は基本的に血液検査で発見できる

 

基準値

TSH(甲状腺刺激ホルモン)        0.35~3.80μIU/ml

FT4(遊離サイロトキシン)        0.7~1.7ng/dl

FT3(遊離トリヨードサイロニン)     2.2~4.1pg/ml

ToAb(抗サイログロビン抗体)      40以下 U/ml

TPOAb(抗甲状腺ペルオキシンダーゼ抗体) 50以下 U/ml

TRAb(抗TSH受容体抗体)         1.9以下 IU/L

 

考察:TSHの基準値は3.80μIUとなっていますが

2.5μIU以上は流産しやすいと言われております。

 

~数値のバランスで病気を見分けられる~

 TSH高値

下垂体性TSH産生腫瘍      慢性甲状腺炎(橋本病)

甲状腺ホルモン不応症      クレチン病

特発性粘液水腫

FT3,FT4高値                             FT3,FT4低値

甲状腺機能亢進症       甲状腺機能低下症

亜急性甲状腺炎

無痛性甲状腺炎

ブランマー病

出産後一過性甲状腺中毒症

                   TSH低値

 

 

~たんぽぽT-1は、なぜ甲状腺のホルモン異常に使われるのですか?~

 

甲状腺ホルモンは、視床下部からの命令によって作られます。

 

視床下部は精神状態の影響を受けやすいため

ストレス、その他にも睡眠不足、食生活の乱れ(食品添加物・防腐剤の多いもの)

などの影響で命令がうまく出せなくなります。

 

命令が適切にされないので

ホルモンのバランスが乱れることになります。

 

タンポポT-1は脳下垂体を直接活性化して

乱れた情報伝達の流れを整えます。

 

すると視床下部は再び正しい命令を出すことができるようになるので

ホルモンのバランスが整います。

 

 

 

コメント

blogbana04.jpgblogbana04.jpg

yorokobi03.jpgyorokobi03.jpg

ショウキT-1(動画案内)