創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

「亀鹿霊仙廣(きろくれいせんこう)」と不妊

2019年6月7日

 

 

 

『亀鹿二仙膠(きろくにせんきょう)』という処方は

日本では『亀鹿霊仙廣(きろくれいせんこう)』という

健康食品として販売されています。

 

 

 

 

~「亀鹿二仙膠」のお話し~

 

 

「亀鹿二仙膠」は、歴史ある東洋医学の処方です。

 

配合される生薬は亀板(きばん)と鹿角(ろっかく)、クコシと人参。

 

 亀板

 

体にエネルギーをみなぎらせ、気力を増し

心身の若々しさを保つ薬として古来重用されてきました。

 

 

不規則な食生活、ストレス、睡眠不足、加齢・・・現代人にとっても

非常に魅力ある処方です。

 

 

 

【いのちの源となる“腎精”】

 

東洋医学で考える「腎」は

成長、発育、生殖など

健康のもととなるさまざまな働きを担っています。

 

中でも最も重要なのが

生命活動の源とされる「精」を役割です。

 

“腎精”が充分あれば心身ともに充実し

活力にあふれた毎日をおくることができます。

 

反対に腎精が不足してくると

さまざまな不調が現れるようになります。

 

私たちはこの腎精の影響を色濃く受けながら生きています。

 

気力・体力・生殖能力などは

25~30歳にかけて最も高まり

あとは年齢とともにゆるやかに衰えてゆきます。

 

その結果現れるのが生殖能力の減退、視力の低下、全身のだるさ、冷えなどの老化現象

つまり腎が衰えた(腎の状態)、「腎虚」です。

 

 

【のぼせる腎陰虚と、冷える腎陽虚】

 

腎虚は、のぼせるタイプの腎陰虚と

冷えるタイプの腎陽虚に大別されます。

 

腎陰虚はおもに体内の水分(津液;しんえき)や血が不足した状態で

のぼせをはじめとする熱症状や口やのどの乾燥感、皮膚の乾燥などの症状です。

 

腎陽虚はおもに活動のエネルギーが不足した状態で

冷えやむくみ、精力減退(男性ではインポテンツ、女性では不妊)

などの症状が現れます。

 

先ほど腎虚は老化現象であると述べましたが

それは年齢とは必ずしもリンクしません。

 

 

 

現代人は食生活の偏りやストレス、過労などによって

負担が高まっていますから

年齢が若くても身体的に老化状態にある人は相当いる

と推察できます。

 

そうした方々にとって腎精を補って

体内に必要な物質(水分や血など)やエネルギー、潤いを補う生薬は

非常に大切であるといえるでしょう。

 

【陰陽双補のパワーを持つ亀鹿二仙膠】

 

東洋医学では、健康維持に必要な物質(血、水)と

それを体中に巡らせるエネルギー(気)がバランスよく存在している状態を

「健康」ととらえます。

 

ところがこのバランスは加齢や好ましくない生活習慣によって

すぐに崩れてしまいます。

 

それをフォローするのが

必要な物質とエネルギーを補う亀鹿二仙膠です。

 

この処方は1568年に呉昆(ごこん)という医者によって編纂された

処方解説書『医方考(いほうこう)』に収載されています。

 

亀鹿二仙膠は亀板と鹿角、クコシと人参からなります。

 

 

亀板は腎補陰、鹿角は腎補陽

クコシは肝腎の陰陽双方を補い、人参は補気薬として

バランスよく配合され

腎精を補い、陰陽、気血を充実させます。

 

少子高齢社会に役立つ素晴らしい処方といえます。

 

 

~以上  漢方の強化書より~

 

 

 

健康食品の「亀鹿霊仙廣」は顆粒状で

かすかにクコの甘い味がします。

 

 

「亀ゼリー」は美容に良いと有名ですから

健康食品で毎日飲めるのは嬉しいですね(^o^)丿

 

 亀ゼリー

体の中から肌がモチモチしてくる感じがします。

 

 

 

 

基礎体温が二層になっているが

なかなか着床しない時に使う方法があるそうです(^^)/

 

コメント