創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

オイスタードリンクで元気な訳『本草綱目』より②

2019年6月22日

 

 

 

「オイスタードリンクで元気な訳『本草綱目』より①」のブログで

『「本草綱目」という伝統的中国医療の本に「牡蠣肉」が載っている』

ということを載せました。

 

 

では「本草綱目」では「牡蠣肉」について

どういうことが書かれているでしょうか(^o^)丿

 

 

 

 

『本草綱目』  二十三  四十六巻

 

牡蠣肉  【主治】

煮食治虚損調中解丹毒婦人血気以薑醋生食治丹毒

酒後煩熱止渇臓器炙食甚美令人肌膚美顔色蘇頌

 

 

 

これを口語にしますと・・・

 

牡蠣肉は煮て食すると虚無感、心理的な患いを癒し

身体の調子を整え、※丹毒を消し、

婦人の気血の流れをよくする。

 

生のまま生姜酢で食すると

※丹毒を治し

飲酒後の熱を下げ

のどの渇きを癒す。

 

炙って(あぶって)食すると大変美味しく

また肌のきめを整え

肌の色を美しくする。

 

 

※丹毒とは皮膚が赤く腫れる症状で

細菌感染によるもの。

 

・・・となります。

 

 

 

牡蠣肉は

「熱が加わったもの」「生のもの」「炙ったもの」

と効能が違うということです。

 

昔の人の鋭い感覚と経験、観察によって

書かれたことですが

最近になりこの効能が科学的に解明されてきました\(^o^)/

 

それについては次のブログに載せますね❤

 

 

 

 

 

コメント