創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

ワタナベオイスタードリンクで元気な訳『本草綱目』より③

2019年6月25日

 

 

 

ワタナベオイスターは熱を加えて製造しているので

『本草綱目』の牡蠣の綱目では

“煮て食すると虚無感、心理的な患いを癒し

身体の調子を整え、丹毒を消し、婦人の血気の流れをよくする”

の効能に当たります。

 

 

 

昔の人は感覚が鋭く、体感や観察でわかっていたのですが

現代、牡蠣の研究が進み、この効能の有効成分が解明されました。

 

特に「煮た牡蠣の有効成分」である「牡蠣ポリフェノール」は

分子構造や性質が明らかにされました(^^)/

 

「牡蠣ポリフェノール」は水にも油にも溶けるので

細胞の中、核の中、ミトコンドリアまで入っていって

疲れの本体である活性酸素を消します。

 

さらに血液脳関門も通れるので、脳の神経細胞の中まで入り

脳神経の疲れも消します。

 

それで『本草綱目』にある

「虚無感、心理的な患いを癒し、身体の調子を整え」

という働きをするのです。

 

 

この効果は「生ガキ」にはありません。

 

「牡蠣ポリフェノール」は加熱して得られるものだからです。

 

 

「牡蠣鍋」では得られます。

 

牡蠣10粒を2時間グツグツ煮たものには

ワタナベオイスタドリンク1本のの10分の1の「牡蠣ポリフェノール」が

入っていたそうです。

 

つまりワタナベオイスタードリンク1本には

牡蠣100個を2時間グツグツ煮て得られる「牡蠣ポリフェノール」が入っています。

 

 

だから疲れた時飲むと、スッキリするし、グッスリ眠れるのですね!

 

不調が続いて慢性化してしまっている方は

ワタナベオイスター1日2本を5日続けると

実感があるようですよ(^^)

 

不調が普通になっている方、

がまんしないでオイスタードリンクを飲んでみてくださいね❤

 

本当の笑顔が戻ってきます❤

 

 

END

 

 

 

 

 

コメント