創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

ミトコンドリアと妊娠①「白砂糖の摂取」は妊娠に不利?

2019年7月5日

 

 

 

「白砂糖の摂取は妊娠に不利」ということを

よく聞きます。

 

 

どうしてでしょうか?

 

 

 

卵子の周りには顆粒膜細胞という細胞が存在します。

 

この「顆粒膜細胞」は

言うなれば「卵子のお世話係」です。

 

 

この「顆粒膜細胞」の働きは

卵子の成長を左右する大きな要素です。

 

顆粒膜細胞の中のミトコンドリアという小器官が存在していて

ミトコンドリアはエネルギー(ATP)をつくります。

教科書でよく見た「ミトコンドリア」はイラスト図で

静かに止まっているように見えますが・・・

 

 

 

特殊な顕微鏡の観察では・・・

細胞内でひしめく無数の「ミトコンドリア」があちこち向きを変えながら

競うように動き回っています。

 

ダイナミックな動きです。

 

 

 

ミトコンドリアはエネルギー(ATP)をつくる器官ですから

顆粒膜の働きは「顆粒膜のミトコンドリアの元気さ」に左右されます。

 

ミトコンドリアは休みなく働き続けます。

 

お金はためておくことができますが

エネルギー(ATP)はそのままの形で身体に貯めておけず

つくり出されるとすぐ消費されるのです。

 

ミトコンドリアには休みがありません。

 

ATPをつくり出す源は

食事によって得られる「栄養素」と呼吸によって得られる「酸素」です。

 

ミトコンドリアは高血糖時に活動が鈍ることが分かっています。

 

 

つまり・・・

白砂糖を控える→血糖状態を低く保つ→ミトコンドリアが活発化

→顆粒膜細胞が活発化→卵子の質が上がる→妊娠し易くなる

 

ということになります。

 

 

コメント

blogbana04.jpgblogbana04.jpg

yorokobi03.jpgyorokobi03.jpg

ショウキT-1(動画案内)