創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

抗リン脂質抗体(抗カルジオリピン抗体・ループス抗凝固因子・ワッセルマン擬陽性)と不育症

2019年11月13日

 

 

 

 

抗リン脂質抗体(aPL)には

抗カルジオピリン抗体(aCL)

ループス抗凝固因子(LAC)

ワッセルマン反応(STS)擬陽性などが含まれます。

 

これらの抗体が認められ動脈・静脈の血栓症、血小板減少症、習慣性流産などの症状があると

抗リン脂質抗体症候群(APS)といわれます。

 

 

全身性エリトマトーデス(SLE)などの膠原病や

自己免疫疾患に認められることも多いですが

原発性APSもあります。

 

原因は不明とされています。

 

 

治療法としては

原発性の場合は抗凝固剤が主体になります。

 

続発性APSでは

原疾患に対する治療と併せて抗凝固療法を行います。

 

抗凝固療法としては

抗血小板剤(低用量アスピリンなど)や

抗凝固剤(ヘパリン、ワルファリンなど)

線維素溶解剤(ウロキナーゼ)を病態に応じて選びます。

 

 

 

生薬の中に血栓を防ぐものがあります。

 

松節(しょうせつ)です。

 

 

「松節」は“松のこぶをくり抜いたもの”で

害虫や外傷による傷を治すため

松の木自身の成分が集まってできた節です。

 

 

「松節」の中に血栓を防ぐ成分があります。

 

 

 

抗カルジオピリン抗体が高く

流産経験が2回以上ある婦人が

「松節」を妊娠前と妊娠中飲んだ結果

妊娠出産した20例に

抗カルジオピリン抗体が下がったという症例が発表されています。

 

 

 

また、治癒に必要な環境を与えると

自分自身の自己再生治癒力が発動される可能性があります。

 

 

免疫システムは正常な糖鎖システムによって維持されていますので

糖鎖栄養の補給も大切です。

 

 

 

自然の産み出した生薬の中に

安全で助けになるものがあります。

 

 

コメント