創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

AMH(抗ミラー管ホルモン)値が低くて心配な方に

2015年12月14日

 

 

AMHは「発育する過程の卵胞」が分泌するホルモンです。

 

AMH量は卵胞数が多いほど

分泌量が多くなります。

 

教会の大リンバラ

 

「発育卵胞数が多い」ということは

「卵巣が若い」ということなので

「AMH値は卵巣の若さの指標」

といわれる理由です。

 

教会のピンクばら

 

 

「抗老化ホルモンのDHEA-S」の分泌を

大豆イソフラボンが高めることで

AMHの量が上がることがわかっています。

 

 

ただ、AMH量は「卵胞の在庫数」を示すだけで

「卵胞の質」に対しては判断がつきません。

 

 

「在庫数」が少なくても

「質」が良ければいいわけです。

 

 

AMH値は「不妊治療のホルモン剤をどう選んで使うか」

の目安として参考になりますが・・・

 

 

AMH値が低くても

妊娠出産された方がいらっしゃいますので

心配しすぎないようにしましょうね。

 

 

 

教会の黄色バラ

 

 

仕事が忙しい中

不妊治療も疲れます。

 

特に気持ちの疲れをとるのは難しいですね。

 

 

空とか海など

自然の「青」を見ると

ストレスになった記憶が薄れるそうですよ。

 

夏空と紫ハーブ

新しい「気」も湧いてきます。

 

 

 

天気のよい休みの日は

ご主人と二人、

自然の中のんびり過ごすのもいいですね。

 

 

公園で昼寝とかはどうでしょうか?!(^^)/

 

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です