創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

身体の疲れと頭の疲れに

2018年8月4日

 

 

 

 

疲れには「肉体的な疲れ」と「頭の疲れ」があります。

最近は頭脳労働が過酷なので

特に頭の疲労をとる対策はしておきたいですね。

 

 

 

 

 

 

ところで、疲れの本体は“活性酸素”です。

活性酸素は細胞や神経を障害してしまうからです。

 

『性能がよい抗酸化物質を摂ること』は

「疲れからの回復」や「疲れにくい身体づくり」に大きく関わっています。

 

 

(少し前は「疲れの原因は乳酸が溜まったことによる」と言われていましたが

「乳酸はエネルギー効率のよい栄養で疲れとは関係がない」ということがわかっています)

 

 

特に厄介なのは頭の疲れ(精神的疲れや頭脳労働の疲れ)です。

 

 

脳には「血液脳関門」があってブドウ糖以外のものを通し難いからです。

 

 

牡蠣を煮て得られる『牡蠣のポリフェノール(DHMBA ディーバ)』は

水にも油にも溶ける両親媒性なので

細胞膜を通り抜け細胞質の中まで入り込み

ミトコンドリアの活性酸素まで消去します。

 

 

 

 

 

 

牡蠣のポリフェノールは身体の疲れは勿論ですが

頭の疲れもとる優れものです。

 

 

 

疲れをとり、疲れを溜めないようにしながら

疲れにくい身体づくりをしましょう(^^)/

 

 

 

 

~いろいろなポリフェノール~

 

 

〇(水にも油にも溶ける両親媒性)

・牡蠣→DHMBA(ディーバ)

 

 

〇(水様性)

・コーヒー→クロロゲン酸

・ローズマリー→ロスマリン酸

 

 

〇(油溶性)

・茶・カカオ・ラズベリー・ブラックベリー・ぶどう・くるみ→ガリック酸(没食子酸)

・トマト→リコピン

・甘草→イソリクイリチゲイン

・ブルーベリー→シアニジン酸

・ブロッコリー→スルフォラファン

・玉ねぎ→ケルセチン

・ウコンクルクミン

 

 

ポリフェノールも色々なものがあるんですね。

 

参考にしてくださいね。

 

 

コメント

blogbana04.jpgblogbana04.jpg

yorokobi03.jpgyorokobi03.jpg

ショウキT-1(動画案内)