創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

加齢で低下した卵巣機能を若返らす

2017年8月15日

人工授精や体外受精などARTの技術が発達し

「卵巣予備能」はARTの成功(妊娠)を予測する評価となります。

 

卵巣予備能とは卵巣の予備力で

①受精可能な状態へ卵を成熟させる

②エストロゲンを産生する

の2点です。

 

加齢に伴って卵巣機能が低下するとFSHは上昇し

発育卵胞数が低下するとAMH(抗ミュラー管ホルモン)は低下します。

 

DHEAが加齢により低下したAMHを増加させることが確認されています。

体内のDHEA量が高まるとAMHを増加させることで

FSHの上昇を下げ、エストロゲンをスムーズに分泌させる

(ゴナドトロピン、エストロゲン、プロゲステロンのスムーズな循環)ということが

臨床的にも確認できています。

 

早期卵巣機能不全では

FSHが37mlU/ml以上、エストラジオールが30pg/ml以下です。

麹菌発酵大豆胚芽抽出物には

DHEAの分泌を高める機能があるので

AMHを高めることが期待できます。

 

コメント