創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

妊娠初期の流産

2017年11月18日

 

 

 

 

流産とは

妊娠22週未満に妊娠が継続できなくなることです。

 

 

妊娠の超初期に起こる流産のほとんどは受精卵の異常で

多くは染色体の異常の為、細胞分裂がうまくできなかったものです。

 

 

残念ですが、自然の摂理であります・・・

 

 

少し前はオカルト妊娠と呼ばれ、本人が知らない内に終わる妊娠でも

医学の進歩でわかるようになりました。

 

心理的負担が増した感があります・・・

 

 

オカルト妊娠とは

日の目を見ないで消えていく隠れた摂理の妊娠という意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然流産は8週目までが多く

流産の75%は妊娠16週目までで

その中の75%は8週目までに起きているということです。

 

 

 

 

 

特に、胎盤ができる14週~15週目位まで

生活上で予防になることはやっておきたいです。

 

 

 

 

~流産の予防になること挙げてみますね~

・過労を避けて睡眠を充分とる

・風邪や下痢、便秘などに注意する

・ストレスをためないでゆったり過ごす

・重いものを持たない

・下半身を冷やさない

・立ちっぱなしの仕事をしない

・階段の上り下りに注意

・ヒールの靴は避ける

・水泳、旅行は控える

・ウォシュレットは避ける

・豚肉など生肉は触らない(調理法の工夫を)

・生ものを控える

・油の多いもの、生クリーム、カスタード、揚げ物など控える

・冷たい飲み物、食べ物は控える

・今まで飼っていない犬や猫は可愛くても触らない     などなど

 

 

項目が多くてちょっと大変ですか?

 

 

いろいろありますが

基本は子宮の血流を妨げないことですね。

 

 

催奇形性の心配がないテスト済みの漢方やショウキT-1は

妊娠中も飲んでおきましょう。

 

 

あづみ薬店では流産の予防に

催奇形性の心配がないことがわかっている松節(しょうせつ)もお勧めしています。

 

 

着床はするのですが、その後育たなかった経験のある方にも応援できます。

 

 

セロトニンの分泌も促すので

ストレスが強い方も使うといいですよ。

 

 

コメント