創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ 0333783547

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

仕事もめいっぱい頑張り、不妊治療にも耐え頑張っているあなた…
本当に頭が下がります。

病院での治療を休まれている方もお気軽に相談ください。

良いと思っておこなっていることが、体質に合わず、かえって妊娠しにくい状態にしていることがあります。

ちょっとした事で大きく違います。
一緒に考えてみませんか?

1.pngママとして可愛い赤ちゃんを授かることを願っていても、赤ちゃんがなかなか来てくれない…。
病院に通い不妊治療を受けても、なかなか授からない…。

心が辛くなっていないでしょうか。

病院で原因が分かり治療で授かることや、体外受精や人工授精で妊娠できることもあります。
病院の治療が妊娠に必要な時もありますが、母体の体質自体は変わりません。




西洋医学が得意な分野と東洋医学が得意な分野があります。

母体環境を整えることは、東洋医学が得意です。

十月十日(とつきとうか)の胎内環境は我が子にしてあげられる最初のとても大切なことです。
そして、母体自身の健康にもとてもいいことです。
年齢が高くなり、妊娠に不利でしたら、漢方や生活、食べ物で若い時の状態に近づけると有利になります。
病院の治療だけで解決せず、自然の療法や食べ物療法を見逃してはもったいないです。
体調が良くなるにつれて今まで美味しいと思っていた食べ物が嫌になり、素朴で身体が歓ぶものが美味しくなってきて、妊娠する自信が出てきます。

2.png一人一人の身体は違います。
身体の状態をよくお話し頂いてから選ぶ最適な漢方処方が力になります。

妊娠し易い身体づくりを一緒に考えてゆきましょう。
予算にも対応しますので、遠慮せずにおっしゃってください。



まずはお電話ください。

基礎体温表や病院での検査データがあればお持ちください。



1週間~2週間~4週間(状況やご希望によります)身体の変化やお気づきのことを教えてください。


3.png国内最古の大正15年(今から90年程前)の出生統計によると、日本では45歳以上の母親から生まれた子供が年間2万人近くもいたということです。
(「卵子老化の真実」文春新書より)

現代の食べ物やライフスタイルは妊娠出産を不利にしていることは確かです。

今の世の中の普通のことが身体の負担になっているので、
あなたが悪いわけではないです。

4.pngこのような時代だからこそ元気な赤ちゃんを授かる為に、本来の女性の力を引き出す自然療法は欠かせません。

元気な赤ちゃんを迎える準備は本来楽しいものである筈なのです。

□病院でのおもな不妊治療

・受精の手伝い
人工授精、体外受精、顕微受精などの技術は急速に進んでいます

・排卵誘発剤による排卵の促進
排卵促進剤の使い過ぎは卵巣を疲弊させ、腹水などの副作用も伴います

・ホルモン剤によるホルモンの補充
ホルモンを補給しても受け取る力がないと効果が出にくいです

・排卵のタイミング

・卵管癒着、子宮ポリープ、子宮筋腫、子宮奇形などの手術

・不妊の原因・流産の原因を捜す

□漢方など自然療法でできること
5.png
・卵子の質をよくする
・着床し易い子宮内膜や子宮環境
・ホルモンバランスを整える
・ホルモンを受け取る力をアップする
・男性の精子の数や運動率を高めること


□月経周期が伸びたり早くなったり
□生理痛がある
□経血にレバー状の塊が混じる
□生理が始まる前や後に茶褐色のチョコレート状の
 経血が出る
□経血の色が黒っぽい
□生理前、頭痛、便秘、イライラ、変な食欲がある

このような月経は当たり前の症状ではありませんが、現代の女性に多い症状です。
友達に聞いてみたら、みんなそんな状態だからと気にしないことにしていたり、鎮痛剤で紛らわせてはいませんでしたか?
このような生理を改善していくことは赤ちゃんを授かるための直接の方法になります。
また、ママ自身の病気の予防にもなります。

6.png目標になる生理の状態は
○生理はだいたい同じ周期
○生理痛はない
○経血はサラサラで塊はなし
○経血の色は明るい赤
○スッキリ生理になってスッキリ終わる
(赤褐色や茶色のおりものはない)


Q1 検査をしても異常なしと言われた。どうしたらいいでしょうか?
「異常なし」の原因では卵子を卵管がキャッチできないピックアップ障害が多いと言われています。
漢方でエネルギー代謝をよくすると自然妊娠される方が多いのも事実です。

Q2 経血が多い・少ないの目安は?
経血のトータルの量は120ml前後が理想で生理の多い2日目の夜は夜用のナプキンが必要なのが目安です。

Q3 病院の治療を続けるうち、経血の量が減ってしまいました。
不妊治療で排卵促進剤・ホルモン剤を長く続けると人により副作用が現われる場合があります。
子宮内膜が薄いと、経血は少なくなります。
漢方でたて直しましょう。

Q4 経血にどろっとしたレバー状の塊や茶褐色のおりものが出ます。
経血はサラサラの状態が健康です。
漢方で血流をよくすることで、徐々に健康な経血になってきます。
子宝の為ばかりでなく、女性病の予防の為にもぜひ改善しておきましょう。

Q5 病院の治療と併用して大丈夫ですか?
大丈夫です。病院の治療の成果を上げるために、併用される方も多いです。
病院の治療を邪魔することはありません。
病院の治療でしかできないこともあり、東洋医学でしかできないこともあるので、
併用されると、成果が上がる率が高くなります。

Q6 基礎体温がガタガタです
基礎体温を測ることがストレスになっている方がおられます。
必ずしも理想の基礎体温でなくても妊娠されることはあります。
ただ、体温が低過ぎるのはよくないです。
漢方で低体温がよくなり、基礎体温も安定感が出てきます。

Q7 卵子の質はよくなるか?
ホルモン剤を使えば卵子の質は誰でも良くなる筈なのにそういう訳にもいきません。
ホルモンを受け取る力が問題です。
ホルモンを受け取る力をアップする漢方食品がありますので、活用するといいです。


便秘・コロコロ便・細い便・冷え下痢の症状は腸が冷えているサインです。
腸と子宮・卵巣は隣り合わせなので、このような便の状態の方は子宮・卵巣も冷えている筈です。

7.png冷えた状態では子宮・卵巣の血行が悪く、妊娠に不利です。
漢方薬でバナナ状のお通じがスッキリ出せるように整えていくことも大切です。
身体の毎日のお便り「便」にも注目してゆきましょう。

その他、糖尿病、ありすぎる食欲、リウマチ、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、胃弱など慢性の症状を漢方で改善していくうちに自然妊娠された方も多くいらっしゃいます。
身体は部分でなくて全体の体調をよくすることも妊娠し易い身体づくりで大切です。


高度生殖医療は高額です。
さらに多かれ少なかれ心身に負担がかかるのも事実で「いつまで頑張る」と期限を設ける方もいらっしゃいます。
いくらお金をかけても、これを欠かしたら…ということもあります。
それは

・身体に負担が大きすぎる生活―仕事など頑張り過ぎを考える。
・食べているものが身体をつくります⇒妊活中から「赤ちゃんに食べさせたいもの」を食べましょう。
・身体を冷やさない。特に下半身を冷やさない工夫は夏も大切です。
・一年を通してシャワーでなく湯船にリラックスして浸かる。

何度も言うようですが、現代人の当たり前の生活には妊娠し難くする要素がたくさんあります。
一緒に考えてみましょうね。

ありのまま安心してお話しくださいね。

私自身が失敗しかけてわかったこともあるので
絶対に怒れません…。

赤ちゃんを待っているカップル、女性に可愛い赤ちゃんが授かりますように。
誕生した赤ちゃんが豊かな愛のうち健やかに育ちますように。
ご家族が健康で過ごされますように。

赤ちゃん1.png妊娠し易い身体づくりは
○ 卵子…元気な卵子1個できれば大丈夫
○ 子宮内膜…ふかふかで着床し易く、育ちやすい内膜
○ 精子…元気な精子が1個できれば大丈夫
この3つで大丈夫です。

あなたにぴったり合った漢方でこの3つのポイントが可能になり易く
「妊娠力アップ」に良いお手伝いができます。

生理痛・生理不順・便秘症・下痢症・コロコロの便・アレルギー性鼻炎・糖尿病・肥満・止まらない食欲・心身の疲れ・冷え症・頭痛・肩こりなどの症状はありませんか?

「妊娠には関係ない」と思っている身体の症状もよくお話し下さいね。
精子や卵子はあなたの分身です。
あなたの体調は精子・ふかふかの子宮内膜の状態に反映します。

体調が良くなりエネルギー循環も良好になると、元気な卵子や精子・ふかふかの子宮内膜になってきます。
自然妊娠や病院での高度不妊治療の成果が出易くなりますよ。
お元気で、可愛い赤ちゃんに恵まれますように。一緒にあなたの赤ちゃんを迎えにゆきましょう。
子宮内膜症・チョコレート嚢腫・子宮筋腺症・卵巣嚢腫・無排卵月経・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)・黄体化未破裂卵胞(LUF)・不育症・男性不妊のご相談の方が多くいらっしゃいます。

(ご予算 1カ月1万円~)※ご予約頂くとお待たせしません

・造精機能障害
・精路通過障害
・性機能障害
・精子機能障害
など

・卵巣性不妊
・黄体機能不全
・卵巣嚢腫
・子宮筋腫
・子宮内膜症
 (チョコレート嚢腫)

・子宮腺筋症
・習慣流産
・不育症
・多嚢胞性卵巣症候群
 (PCOS)
・高プロラクチン血症
 (高PRL) など


冷え体質、血行不良は不妊の大きな原因の一つです。
あづみ漢方薬店では、生活習慣の改善や漢方などで、冷え体質の改善を行います。


ホルモンの分泌に関係する精巣や卵巣の機能を高めていくことが大切です。


ストレスによって、ホルモン分泌や身体のバランスを崩してしまいがちです。できるだけストレスを緩和できるように、アドバイスさせていただきます。








pixta_10559498_S.png


子宮内膜の厚さや血流など子宮の状態をよくすることが非常に大切です。


元気な精子と元気な卵子とがあってこそ初めて元気な赤ちゃんが産まれます。出来るだけ若く元気な精子と卵子を作っていくことが大切です。

blogbana04.jpgblogbana04.jpg

yorokobi03.jpgyorokobi03.jpg

ショウキT-1(動画案内)