創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

妊娠と今夏、流行の「ヘルパンギーナ」

2016年7月7日

 

 

この夏、西日本を中心に「ヘルパンギーナ」が流行の兆しです。

 

 

「ヘルパンギーナ」は代表的な夏風邪の1種類です。

 

子供が罹ることが多く

38~40度の高熱が出ます。

 

咽喉が炎症して口内炎や水疱が出るのが特徴です。

 

咽喉に水疱できると食べ物がノドを通らない程

痛くなることが多いです。

 

黄色の花

 

 

 

ウイルス種が複数あるので

「1回罹ったらもう罹らない」ということはありません。

 

 

大人が感染すると

39度を超える高熱に加えて

強い倦怠感や関節の痛みも続くなど重症化しがちです。

 

 

 

大人の発症は免疫力が低下した時

子供から2次感染することが多いです。

 

以前はヘルパンギーナは子供特有の感染症でした。

 

「大人がヘルパンギーナを発症した」

ということはめったに聞きませんでしたが

最近では珍しくなくなってきています。

 

現代の大人は疲れていて、免疫力も落ち込んでいるようです。

 

ハイビスカス

 

 

「妊娠初期から後期にヘルパンギーナに感染しても

胎児に影響することはない」といわれています。

 

しかし、新生児は感染する可能性があります。

 

新生児が感染すると重症化しやすいので

妊娠後期のママの感染は特に注意が必要です。

 

 

また、胎児にウイルスは感染しなくても

ママが高熱を出すと羊水の温度が上がり

胎児の心拍数が上がるなどの影響があります。

 

 

特に、2人め以降の妊娠では

上の子供が幼稚園や学校からウイルスをもらってきても

ママが感染しないように健康管理しましょう。

 

二人目以降の妊娠・出産は

初産とまた違ったリスクがありますね。

 

賢く対策して妊娠、出産しましょう!

 

 

 

用賀の植物園

 

具体的な健康管理法として・・・

 

ミネラルが不足すると免疫力が下がります。

 

妊娠中は代謝のためにもミネラルがたくさん必要ですが

暑い季節、汗をかくので

さらにミネラルをたっぷり摂りたいです。

 

 

ミネラルミ補給は

ネラルウォーターではとても足りません。

 

積極的にミネラル栄養を摂って

免疫を下げないようにしましょう。

 

食物から摂るとともに

吸収のよい「漢方サプリ」で効率のよい

ミネラル補給をお勧めしています。

 

 

 

きゅうりの花

 

 

「子宝茶」のタンポポ茶は妊娠中飲んでいると

免疫の働きも助けてくれます。

 

もし「ヘルパンギーナ」に罹ってしまったり

見近な人が罹った時は

多めに飲んでおきましょう。

 

麻衣ちゃんにもらったおばさん天使「正面」

 

二人目以降の妊娠では初産より年齢が上がっています。

 

育児 をしながらの妊娠、出産になります。

 

体力的に初産より大変です。

 

 

家事はやってもやってもキリのない仕事なので

完璧を目指すより

上手に手抜きをしましょう!

 

少しでも御主人様に協力して頂くと助かりますね!

 

「漢方サプリ」は精子の運動率を上げるので

妊娠を望むと時、御主人に飲んでもらうのですが

その後も続けて飲んで飲んで頂いていた方が

仕事に加え、家事も手伝って頂く余裕が望めるでしょう。

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

blogbana04.jpgblogbana04.jpg

yorokobi03.jpgyorokobi03.jpg

ショウキT-1(動画案内)