創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

ストレスでエストロゲン過剰では優秀な卵が育たない

2017年8月7日

 

 

エストロゲン過剰の大きな原因として

ストレスがあります。

 

ストレスがかかると

副腎から「ストレスホルモン」である「コルチゾール」が分泌されます。

 

 

「コルチゾール」は一時的には細胞の働きを高め代謝を上げるので

例えば危険な時、“火事場のバカ力”的エネルギーを出せます。

 

 

しかし、ストレスを受け続け、コルチゾールの過剰分泌が続くと

細胞は無理やり動かされ疲弊し

やがてやる気が出ない、イライラする、眠れないなど

うつ状態、精神疲労が引き起こされます。

 

 

 

卵巣においても

コルチゾールは「アロマターゼ」の発現を増加させます。

 

「アロマターゼ」はエストロゲンの合成の速度を高める酵素です。

 

 

ストレスによってFSH(卵胞刺激ホルモン)が低下し

卵胞は発育不良でエストロゲンの産生能力は低下していますが

発育不良の卵胞に

アロマターゼ酵素がエストロゲン合成命令をどんどん出します。

 

そうするとエストロゲンは過剰になるのですが

卵胞は疲弊して

優秀な卵が育たなくなってしまいます。

 

 

 

ストレスに耐えてばかりいても

いい結果にならないですね(*_*;

 

ストレスに負けないような対策が必要です。

 

 

 

 

次回は

「ストレスに負けない栄養の話」を

アップしたいと思います(^^)/

 

 

コメント