創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

卵胞の発育

2017年8月15日

卵巣で卵胞はどのように育っていくのでしょうか?

 

卵胞は形態によって原始卵胞、一次卵胞、二次卵胞に分類されます。

 

原始卵胞は直径0,1mm前後で1層の顆粒膜細胞のみです。

1次卵胞は直径0,1~0,3mmで数層の顆粒膜に囲まれます。

2次卵胞は直径0,4~20mmで顆粒膜細胞から卵胞液により卵胞腔が形成されています。

 

 

卵胞の発育は

原始卵胞から1次卵胞・・・150日間

1次卵胞から2次卵胞・・・120日間;発育はFSH依存

2次卵胞から排卵・・・・・85日間;発育はFCH依存

計355日間

 

 

 

 

今月排卵する卵子は、ほぼ1年前に目覚めて育ちます。

 

最後の180日間は急激に育つので

短くても半年は、身体づくりの目標にしたいです。

 

早期卵巣機能不全では卵胞の発育期間が短くなるため

卵胞の機能が充分に成熟しない状態です。

コメント