創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

超音波検査

2017年8月30日

 

 

 

 

不妊治療の初診時の検査として

超音波画像で子宮と卵巣を調べる検査をします。

 

プローベを膣内に入れる方法(経膣)と

おなかに当てる方法(経腹)があります。

 

経膣の方法がよく使われます。

 

経腹では腸の中にガスがあると見難いので

膀胱を尿でいっぱいにすることがあります。

 

どちらも痛みはありません。

 

 

超音波検査でわかることは

子宮形態異常、子宮筋腫、子宮腺筋症、

卵巣腫瘍、卵管流水腫などです。

 

 

このうち卵巣腫瘍として、

チョコレート嚢胞が不妊症と密接な関係があります。

 

 

排卵が起きにくい原因として

多嚢胞性卵巣症候群が最も重要といわれます。

 

超音波検査で卵巣にたくさんの小嚢胞がみられるので

多嚢胞性卵巣症候群ということがわかります。

 

多嚢胞性卵巣症候群ですと

排卵誘発剤を使うと卵巣過剰症候群になり易いので

注意が必要です。

 

 

 

コメント