創業60年・漢方の子宝相談専門店 -東京都渋谷区-
logo1.png

ご相談やお問合せは、お気軽にご連絡ください(ご予約優先)
プライバシーポリシー サイトマップ0118241200

トップページトップページ子宝相談について子宝相談について子宝相談について子宝相談について喜びの声・商品について喜びの声・商品についてホシオカ薬品康復堂のご案内ホシオカ薬品康復堂のご案内お問合せお問合せ

妊娠中のインフルエンザ感染とショウキt-1(タンポポ茶)・サメミロン

2019年1月24日

 

 

 

 

妊娠中にインフルエンザにかかると

流産の可能性があり

赤ちゃんには発達障害やてんかんが出やすくなるといわれています。

 

 

母子感染には

胎内感染・産道感染・母乳感染の3つあります。

 

 

 

妊娠中にウイルス量をできるだけ少なくしておけば

赤ちゃんに移る可能性はそれだけ低くなります。

 

 

子供は生活の中でいつ感染するかわからないので

感染したものとして接していたほうが安全です。

 

 

二人目以降のお子さんを妊娠されている時は

子供の唾液や鼻水から感染することが多いので

食べ物や食器やタオルの共有をしないようにしましょうね。

 

 

 

お風呂は妊婦さんが先に入り

お父さんが上の子をお風呂に入れるようにするといいですね。

 

 

特に寒さと乾燥の今の時期は、ウイルスが猛威を奮っています。

 

睡眠時間を確保して過労にならないようにしたり

抗ウイルス力のある食材を活用しましょう。

 

抗ウイルス力のある食材として

紫蘇(大葉)、大根の皮・ゴボウ・パクチー・陳皮・茶などです。

 

冬大根は甘くて美味しいですね(^.^)/~~~

 

 

タンポポの葉から抽出したタンポポエキスとスクワレンは

妊娠中も飲むことができ

様々なウイルス性疾患に有効であることが報告されています。

 

 

妊娠中のインフルエンザや風邪の予防に

積極的に摂って元気に過ごしましょう(^^)/

 

 

 

お風呂は

コメント